グラフィックデザイナーが大学で学ぶべきこと

クラスのデザイナー大学に到着したら、各デザイナーの快適ゾーンの外にある問題を理解することを学ぶことが重要です、そしてそれは残念ながら大学です 消費者に対処する方法を決して教えません、マネージャー、開発者、およびデザイナーと絶えず対話しているデザイナーの世界を周回するその他のポジション。

同様に、 人と動機を理解する 彼らのそれぞれが持っていること、そしてまた、物事をそれほど真剣かつ断固としてとらえるのではなく、もう少し主張し、他の人の視点からすべてを見ようとすることは、 重要なスキル デザイナーは大学で学ぶべきですが、それだけではありません。

学ぶことを学びます

グラフィックデザイナー少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、実際には、 デザイナーが大学で学ぶことを学ぶことができればいいのですが常に新しいことを学ぶことがあるので、彼らは現在の知識レベルに落ち着くことなく、より大きな永遠の学習を経験する準備をすることができます。

やり直すことを学ぶ

完全に準備が整ったプロジェクトはありません。 すべてをやり直して完璧にすることが可能です.

ただし、関係を反映するのは各設計者の責任です 価格-メリット それは、次のプロジェクトに続く活動の閉鎖に関する絶え間ない努力から得られるでしょう。 それは彼らが大学で確かに教えていないことです プロジェクトをある程度改善して、物事のバランスを改善できることを学ぶことは明らかに非常に役立つので、学ぶことは良いことです。

プロジェクトの集大成は不可欠であり、その完成度は、デザイナーが成功するか失敗するかを確実にするものです。

家庭教師がいる

アドバイスを受けて 経験豊富な人から学ぶ あなたが大学にいる間、それはデザイナーをはるかに速く進化させるかもしれません。 家庭教師はデザイナーと同じトレーニングを受ける必要はなく、その人が学びたいことを知っていれば十分です。

家庭教師がいる 通常は優れた代替手段です 大学にいることで知識を身につけることができ、家庭教師が直面したのと同じ障害や課題にぶつからないようにすることができ、エネルギー、時間、そしてお金を節約することができます。

 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。