新しいロゴジェネレーター:長所と短所

今日のデザイナーは、急速な変化とダイナミズムのパラダイムに直面しています。 可能な限り最も競争力のある方法で私たちの仕事を発展させるために テクノロジーのトレンドを認識することが不可欠です。 したがって、次のような新しいツール ロゴジェネレータ.

この意味で、ここ数年で、アプリケーションやWebページが複雑さの低いロゴを作成するための市場を獲得し始めています。 このようなサイトでは、デザイン以外のスペシャリストがランダムに作成されたロゴを コンピュータシステムを介して。 これらは、SVGおよびTIFFバージョンで、支払いを行わずに後で入手できる場合があります。 いくつかのeこれらのツールの例は次のとおりです。 ロゴジョイ, マークメーカーブランドを調整する, canva y ブランドマーク.

ロゴジェネレータのしくみ

サイトはに基づいています アルゴリズムの使用 図像とタイポグラフィが通常統合されている従来のロゴデザインプロセスを統合します。 

使用するページに応じて、プロセスは次の段階で異なります。

まず、ユーザーは自分の会社、組織、または会社の名前を入力します。 次に、あなたのビジネスが属するセクターとあなたのスローガンを定義します。 

次に、探しているスタイルに適した色とフォントを選択します。 次に、ブランドを識別すると思われるアイコンを選択します。 後で プログラムは入力されたデータを照合して複数のオプションを生成します 選択したスタイルに関連するブランドの。 

最後に、クライアントは好きなオプションに「いいね」を付けることができるので、プログラムは適切なオプションが見つかるまで新しいオプションを無限に生成し続けます。

設計者にとってのデメリット:

間違いなく、グラフィックデザインなどのクリエイティブ産業が、人工知能に基づく新しいテクノロジーによって攻撃される可能性があるとデザイナーが感じるのは憂慮すべきことです。 これらの新しいツールの問題は、 簡単なアクセスと使用。 このように、それはそれらを実際のデザイナーの潜在的なクライアントに最適にし、それはさらに大きな問題につながります。 その結果、雇用機会を失うだけでなく、需要と供給の法則によりロゴデザイン市場の価格が下落しています。

利点 デザイナー向け:

少しの創造性と違反を伴う状況を見て、このツールが私たちに提供する可能性を見ることができます。 

少しの創造性と違反を伴う状況を見て、このツールが私たちに提供する可能性を見ることができます。 

間違いなくロゴジェネレーター それらはいくつかの提案を生成するのに非常に効率的です 速い。 ワンクリックで要素やフォントの位置を変えて、さまざまな色のオプションを取得できます。 ただし、作成されたロゴの概念化とセマンティック品質はほとんどありません。 このようにして、設計者は問題を悪用することができます。 たとえば、 複数のスケッチを提出する必要があります クライアントが何を望んでいるかをすばやく明確にします。 または単に インスピレーションの形として またはあなたが考えているデザインのクイックプレビュー。 後で、単一の最終設計を完成させてカスタマイズするだけで、より効率的な方法でこのように作業できます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

3コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   直ちに

    これらのジェネレーターは、会社とは関係のないアイコンやスタイルを提供するという意味ではなく、嫌なロゴを生成しますが、ほとんどのロゴは涙のように醜いです。

    1.    メリサ・ペロッタ

      こんにちは! コメントありがとうございます。 正確に記事が提起するものはあなたが言及するものです。 これらのジェネレーターは非常に低レベルのロゴを生成しますが、最悪の場合、ユーザーは実際にそれらを最終製品として使用します。 このため、品質に関係なく、これらの欠点を私たちに有利に利用することが可能であることが示唆されています。

  2.   ミゲル·アンヘル

    私はデザイナーであり、オタクの世界や新しいテクノロジー(人工知能、機械学習など)にも関わっています...
    明らかにそれらはいくつかの非常に低レベルのロゴを与えます、しかし技術が飛躍的に成長することを考慮に入れなければなりません、これの作成者はこれらのサービスがどのように改善されるかを見なければ彼らが交差した手にあるとは思いません。
    したがって、ジュニアロゴデザイナーのキャリアは、認められたデザイナーになるために極限まで努力しない限り、大きな影響を受ける可能性があります。
    私は新しいテクノロジーに反対しているわけではありません。デザイナーとして、それらをどのように使用できるか、またはこれらのテクノロジーをどのように開くかを確認することです。

    挨拶!