動物の描き方

現実的な動物の描き方

描画は難しくありません。 しかし、間違いはありません。 うまく描くことも簡単ではありません。 より多くの「芸術」を持っている人とそれをより良くする人がいます。 この場合、ドローイングを作成するためにあなたを動かすスタイルと情熱の両方が影響します。 そして、最初のXNUMXつであり、「トレーニング」するのが最も簡単なXNUMXつは、動物の描き方を学ぶことです。 その理由は、それらのほとんどすべてが基本的な形状をしており、それらを識別すると、描画の半分以上が完了しているためです。

したい場合は 動物の描き方を学び、 あなたがそれを好きであるため、あなたがそれらを描く方法をあなたに尋ね、あなたがそれらを失敗させたくないため、または単にあなたが新しいことを学ぶために、今日私たちはあなたが達成するためにあなたが取るべきステップを知るのを助けるつもりですそれ。 おそらく最初の絵はうまくいかないでしょうが、忍耐力、忍耐力、そして何よりも練習することで、あなたは動物の絵の達人になります。

動物の描き方を知る秘訣

前にも言ったように、動物の描き方を知ることは、 これらの基本的な形式を特定します。 そして、動物を観察すると、幾何学的な形を思い出させることができるということです。 たとえば、猫の頭は円にすることができます。 体、楕円形; 尾は細長い長方形です。 これらの区切られた形状を使用して、動物の体をそのように定義する線を作成できます。 そして、結果を取得します。

ピエール・ポシェによると、 「人体のように、ほとんどの動物の体は単純な形に分解することができます」。 そして、それらの形は何ですか? さて、最も基本的なもの:正方形、三角形、円、長方形。 時には楕円形の円も入ります。

ここであなたを残す 幾何学的な形で作られたいくつかの動物の絵 それがどのようなものかをあなたに知らせるために。 そして、人のように、彼らも私たちとそれらを描く方法を共有しています。

幾何学的な形で動物を描く幾何学的な形で動物を描く幾何学的な形で動物を描く2幾何学的な形で動物を描く

描画するために考慮しなければならないもうXNUMXつの鍵は、参照を持つことです。 動物を描くことになると、これらは非常に異なる方法で行うことができますが、最初に絵に直面するときは、絵をどのようにしたいかについての参照を持っている必要があります。 これで、あなたがすでに作られたものをコピーするつもりであるとは言いませんが、あなたが本当にあなたが望む動物のように見えるためにあなたが図面に何を入れなければならないかを知るための基礎としてそれを見る。

幾何学的な形で動物を段階的に描く方法

犬、猫、牛を描く必要があると想像してみてください...しかし、あなたはそれを行う方法を知りません。 しかし、あなたの心の中には確かに絵があります。 問題はそれを紙に再現することです。 だからここで私たちはあなたが取るべきステップをあなたに与える:

幾何学的な形で動物を描く幾何学的な形で動物を描く

頭から始める

これを行うには、円を描きます。 これは、図面のサイズにする必要があります。 描く動物が大きい場合は大きくする必要があることに注意してください。 動物の「実際の」次元に基づいて構築します。 例えば、 象を描く場合は、マウスを描く場合よりも円が大きくなります。

体を描く

次に、体が必要になります。 これは通常、角が丸い(引き伸ばされた円のような)長方形で行われます。

頭と体を結合する

円の横にある長方形をペイントしていない場合は、動物の形または毛皮をシミュレートする線で長方形を結合する必要があります。 「見栄え」をする必要がなく、最初にXNUMXつの形状を接続するだけなので、これは非常に簡単です。

頭に焦点を当てる

銃口、体幹、鼻、耳を描きます...つまり、選択した動物の最も特徴的なものです。 ただし、詳細を入力することは避け、最後に保存してください。

足を追加します

最初に前のものを置き、次に後ろのものを置きます。 したがって、これらの最初のものは、後ろのものを作成するための参照として機能します(頭の部分があると、それらがどれくらい長く幅が広くなるかを知るのが簡単になるためです。

円と長方形を消去します

ベースができたので、引き続き描画を終了できます。これは、尻尾、毛皮、目など、「アクセサリ」の描画を意味します。

動物の描き方:顔

動物の描き方:顔動物の描き方:顔動物の描き方:顔

動物の顔を描くことを学ぶことは、間違いなく、特に小さな子供たちにとって最も簡単です。 そして、実際にはすべての動物が幾何学的な公式で描くことができるということです、それは円、正方形、三角形です...

それをベースにして、 さまざまな形を作ることができます。 いくつか例を残します。

幾何学的な形で動物の顔を描く手順

動物、特に顔を描く方法を以下に説明します。これにより、最も簡単に達成できることがわかります。

  • まず、円または正方形を描きます。
  • この外側に、動物の耳となるXNUMXつの楕円を配置します。 装着するものに応じて、これらの耳は大きくなったり小さくなったりします。
  • まるで円または正方形の半分を半分に分割しているかのように円弧を作成します。 その線の下に小さな円を描きます。 それがあなたの動物の鼻になります。 アーチの上に、動物の目を置きます。
  • 今、あなたはただあなたの口を置く必要があります。

選択した動物に応じて、これらの手順は長くなったり短くなったりします。ベースができたら、細部に焦点を合わせて、達成したい形にする必要があるからです。

現実的な動物の描き方

現実的な動物の描き方現実的な動物の描き方現実的な動物の描き方現実的な動物の描き方

リアルな動物を描くことを学ぶときは、上記が役立つかもしれませんが、それでも「基本的」であり、リアルな描画にはさらに一歩進む必要があることに注意してください。 この場合、固定する必要があるのは基本的な形状ではなく、動物の解剖学的構造です。

例えば あなたが望むのが現実的な犬を描くことであるならば、あなたはそれが以前どのようであったかを知らなければなりません。 321個のボーンがあることをご存知ですか? そして、あなたの体はXNUMXつの部分に分かれており、それぞれに独自の特徴がありますか?

具体的には、以下を確認する必要があります。

  • 頭には、選択した種族によって異なります。 その中であなたは強調しなければなりません
  • 体の中では、背中、尻尾、尻尾だけでなく、首の部分も。
  • 四肢、前部と後部。

基本的な動物の絵から超現実的なものに移行する方法

動物の描き方動物の描き方動物の描き方

本物の写真のように見えるほどリアルな、生き生きとしたドローイングに恋をすることは避けられません。 しかし、そこにたどり着くには、多くの献身が必要です。 したがって、あなたの目標がこれらの結果を達成することである場合、あなたができる最善のことは、一生懸命練習して勉強することです。

すべてのアーティストは他のことを始めました。 この場合、あなたはすることができます 基本的な動物の描き方を学ぶ なぜなら、あなたがテクニックをマスターするにつれて、 難易度を上げる あなたが探しているものを手に入れるまで、誰もが感動するそれらのリアルな画像。

これらは、その絵に「生命」をもたらすために、各動物の詳細に基づいています。 しかし、そのためには、まず基本を学んで進む必要があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。