Google マップに絵を描く日本人ランナーを発見

Google マップで絵を描く日本人ランナー

それが呼び出されます 清水直樹 GPS テクノロジーと彼のランニングへの情熱に基づいて、非常に革新的な芸術形式を生み出しています。このユニークな 日本人ランナーがアプリで作品を制作 Google マップの地理位置情報。これまでに、アプリ内にプロットされた衛星ロケーターを通じてのみ確認できるイベントが 1300 件以上ありました。

ナオキさんの実績は非常に印象的です。彼はアルパカの新しい絵を描き始めるために、12.700キロ以上を旅してペルーに行きました。この動物は国の象徴であり、その偉大な身体的および芸術的潜在能力を実証するために、3000日間120キロメートルを走って完走します。

西宮の日本人ランナーのツール Google マップ

の局所性 日本の西宮市 1603つの側面で世界的に有名です。まずは阪神タイガースの阪神甲子園、ものすごい球場。そして、恵比須神を祀る西宮神社。最後に、日本酒の製造の歴史は江戸時代 (1867 年から XNUMX 年の間) にまで遡ります。しかし、この街の大空に新しいスターが現れました。 Google マップを通じてアートを制作する日本人ランナー、清水直樹です。

彼はとして働いています 建設会社のコンサルタント 退職した教授ですが、彼の芸術で有名になりました。彼は自分のデザインを Google マップ上で現実にするために、さまざまな場所を走り回っています。道路のレイアウトは、地理位置情報アプリの衛星の目を通して見たときにのみ形になります。

抱負を尋ねると、直樹は率直に答えた。 「競技ではないレースの力で世界平和に貢献できるアーティストになりたいです。」個人主義と熾烈な競争の時代における偉大さのしぐさ。

レースに捧げる人生

2019年から直樹はこのプロジェクトを実行しており、すでに9か国を経由しています。アルバニア、台湾、ポルトガル、スペイン、フランス、ドイツ、オーストリア、ギリシャ、イタリアで日本人ランナーの活動やグーグルマップ上での絵を描いていた。一方で、彼の作品のほとんどは母国である日本で制作されています。ランニングとアートを組み合わせた彼の興味は、車椅子の生徒に個人授業を行っていたときに生まれました。この動きは、動くときに描かれる形への興味を呼び起こしました。

動けないことに対する学生の不満を考慮して、ナオキは新しいテクノロジーに対する若者の興味を結び付け、少年がたどることができるルートを作り始めました。したがって、最初は単純な図形でしたが、その後、より複雑になってきました。ヴェネツィア市を訪れた際にはゴンドラの船頭に乗り、ティラナ(アルバニア)では国旗の双頭の鷲を表現した。

絵を描く日本人ランナー

世界の伴走者、Googleマップに映る日本人ランナー

清水直樹氏が実施した提案は、 ソーシャルネットワークと連帯。彼はどこへ行っても他のランナーからの応援を受けます。彼らは彼のルートに同行し、彼はスポンサー付きのスポーツイベントに一緒に参加します。市議会とのコラボレーション、大学、ジム、その他のスペースでのスポーツトークも行っています。小学校教師としての経験も、訪れた場所や描いた絵から学ぶのに役立っています。

ととも​​に GPS技術, 現在では地上絵を簡単に作成することが可能です。 Google マップと、デザインを生成するために特定のルートをたどることを決定した日本人または任意の国籍のランナーがあれば十分です。その新たな挑戦では、目標はラテンアメリカです。これはペルー領土内の3.000キロメートルを超える特別なルートです。新デザインはペルーのシンボル動物「アルパカ」。全行程の所要時間は約120日で、南米領土に進出するのは初めて。

La デザインの選択 また、2.000 年以上前に作成された古代の地上絵であるナスカの地上絵とも関連しています。それらはあなたの特別な提案です デジタルアート, 直樹はこれらの数字を尊重したいと考えています。これは日本人労働者ペルー到着125周年記念行事の一環でもある。現在、ペルーの日本人コミュニティは島外では最大規模となっている。

清水直樹選手の記録

清水はこれまでに、 1350 を超える図面と 12700 キロメートルを走行。彼のイメージは、テキストから、大名信長、スーパーマリオ、ゴジラなどのキャラクターのシルエットまで、非常に多様です。これらは、テレビや日本人の想像力から出てくる動物や有名人です。彼らのレーシングルートのデザイン自体が魅力となっているほどです。

大まかに言うと、そのルートは 10 キロメートルに及びますが、より広範で精緻な図面もあります。後者を形成するには、マラソンタイプの競技が必要です。昨年、台湾では 1.100 日間で 24 キロメートルを完走し、最終的には 4 キロメートルを 200 日連続でデジタルで描きました。

芸術の背後にある目標

SNSでひときわ目立つ日本人ランナーも 具体的な目的: より良い健康スタイルを促進する。日本は生活の質が向上している国ですが、人口は高齢化しています。そこで清水氏は、国民に身体活動を奨励したいと考えている。

大人も子供もランニング活動に参加できます。ナオキの芸術的な提案は、ユニークなスポーツの文脈に多様性と楽しさを加えます。さらに、この日本人ランナーと彼の Google マップ上の作品を中心に巻き起こる大きな社会運動が加わると、私たちは最終的に国際的な現象に直面することになります。

テクノロジーの可能性を活かした、国際的にも高い評価を得ているプロジェクト。清水直樹は世界を旅して、アート、健康的なライフスタイル、想像力豊かな提案をもたらします。ペルーでは、この国と日本のルーツに敬意を表してアル​​パカを作りますが、世界各地を旅して自分の芸術を届け続けることを妨げるものは何もありません。アートを作成したり、スポーツを楽しんだり、テクノロジーを使って最も印象的なデザインを楽しんだりする興味深い方法です。世界中の都市を巡る彼のツアーから、 デジタルレベルでのユニークな芸術的ルートの作成。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。