Patreon-クラウドファンディング、生計を立てる方法

Patreon、グラフィックデザイナーのためのプログラム

まず、次のように定義します。パトレオンとは? そしてそれはそのPatreonです それはプラットフォームです アート、製品、サービスなどを生み出すことに情熱と職業を持っている個人をサポートします。 そしてそれを通して 集団は作成者を財政的に支援することがわかっています、これらの資金調達ネットワークは「crowdfounding"。

さまざまな種類があります Patreonまたはクラウドファンディングプラットフォーム、完了するまで大規模なプロジェクトにのみ資金を提供するもの、および作成者が受け取るように役立つもの 毎月の寄付 見返りに何かを与えることによって絶え間ない創造をサポートするために。

Patreonはどのように機能しますか?

patreonロゴ

PatreonはXNUMXつのプロファイルの下で動きます。 クリエイターと常連客のプロフィール.

クリエイタープロフィール

クリエイターの世界は次のように細分化されています。 作家、歌手、YouTuber、イラストレーター、イラストレーター、通常はすでに多くのフォロワーがいますが、彼らが前進するのに役立つ何かが欠けていて、経済的要因がその何かである可能性があるので、ここでPatreonがゲームに参加します。 作成者がプラットフォームにサインアップします、これの目的は、フォロワーの金銭的貢献を得て、作成を継続できるようにすることです。

Patreonプラットフォームの作成者に属しています、次の手順に従う必要があります。

プラットフォームでアカウントを作成し、収入を毎月にするか、作成ごとにするかを選択します。

行う必要があります フォロワーと潜在的な常連客があなたの専門分野が何であるかを説明する投稿、毎月、毎週など、Patreonプラットフォームでどのような種類の作業を行い、どのように作業しますか。

たとえば、常連客にインセンティブを提供します。 非常に多くのユーロの月額追加拠出、スケッチで作品を見てコメントするためのアクセス権があります。 インセンティブは金銭的価値に応じたものでなければならないので、貢献が高ければ高いほど、報酬と金額を制限する必要があり、従わないことに妥協してはなりません。

実行する目的も考慮に入れることが重要です。たとえば、月に一定の金額で常連客の間で資金を集めることができれば、彼らは次のことができるようになります。 翌月あなたの資料をお楽しみください、制限を削除するか、常連客が楽しめるものを追加します。

パトロンまたはパトロン

彼らは クリエイターに経済的支援を提供する、さまざまな理由で移動し、その見返りとして常に何かを受け取る人。 実際、作成者は、特定の金額を含む彼の常連客に向けられた一連のインセンティブを設定する必要がありますが、 財政的貢献が大きければ大きいほど、インセンティブは良くなります.

後援者になるには、あなたは自分自身に借りがあります Patreonプラットフォームに登録する、設定された寄付条件を確認し、あなたの都合の良い金銭的寄付をしてください。寄付もカードやPayPalを通じて行うことができます。

グラフィックデザインのエラー

これはなんて素晴らしいことでしょう Patreonという名前のプラットフォーム それは、それ自体がグラフィックデザイナーであり、Webの熟練したユーザーであり、特定のオーディエンスの受け入れを楽しむコンテンツの投稿に多くの時間と創造性を費やしているすべての人にとって素晴らしいサポートであることがわかります。しかし、この時間と労力は、経済的に言えば正当に報われるものです。

このようなプラットフォームは、次の場合にその状況を変える機会を提供します 必要な手段を自由に使える、最初にあなたの作品が公開されるように、次にあなたの創造的な作品をフォローしていて、お気に入りのクリエイターにお金を寄付する機会があり、最後にインセンティブと必要な資料を持っている人々のために、するのが好きです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。